■情報プラザ


NEW!

【新規グループホーム開設のお知らせ】
札幌市中央区に新しく「グループホームタンポポ苑」を開設しました。
ただいま入居者さんの募集を行っています。
詳しくは下記のイラストから専用ページをご覧ください。
 

※
【パート職員募集】
支援スタッフ 男女・年齢不問
賃金 時給810円〜900円
 (職務内容による) 
通勤手当 500円(内規による)
就業時間 10:00〜18:00
 (週3〜5日・3〜5時間程度)
雇用形態 パート職員
業務内容 作業指導員
  生活支援員
勤務地 北区新川
北区北21条
中央区南26条
特定非営利活動法人
札幌市福祉生活支援センター
連絡先 011-726-2829
 (担当:斉藤・大滝)
※
バザーのお知らせ
5月のバザーは29日(火)・30日(水)
北区民センターで行う予定です。
ぜひお越しください。
※
バザー用寄贈品のお願い
バザー実施に伴い、ご自宅で眠っている不用品の寄贈をお願いしております。
もらったけれど使わないもの、使う機会がないまましまいこんでいるもの
生活用品、雑貨、小物、台所用品など。
ご協力いただける方からのご連絡をお待ちしております。
※
法人創立10周年感謝のご挨拶
お陰さまで、当法人は平成29年3月をもって創立10周年を迎えました。
これもひとえに、法人事業に格別のご理解、ご協力、ご支援を頂きました皆様のご高配の贈物と心より御礼申し上げます。
いま一度、初心に返り、「人間の中へ、そして一人のために」と福祉貢献の決意を新たに致しております。
※

障がい者の方の就労を支援します。
集いましょう。まず、何ができるか、あなたと一緒に考え、居場所づくりから始めます。
自立した日常生活を目標に、就労支援を行っています。

※

寄贈品を切に望み願います。
ワンパクで育ち盛り、大食漢の子どもたちへ、お米や食料品、保存食品の寄贈をお願い申し上げます。

※

アパートの部屋探しのお手伝いします。
転居を考えている方、敷金のない方、保証人のいない方、生活保護受けている方のお部屋探しを応援します。

※ ボランティアさんを募集しています。
恵まれない青少年、お年寄り、障がい者の方の福祉支援に関心のある方のボランティアさん募集をいたしております。

※

ご相談ください。
経済的・法的・人的・金銭的な問題を抱える社会的弱者の方のために、ワンストップサービスによる的確な相談支援と各種のサポート活動をいたしています

※

特定非営利活動法人
札幌市福祉生活支援センター
〒001-0021
札幌市北区北21条西3丁目1-12
Tel:011-726-2829
Fax:011-726-7990
E-mail:npo@fukushi-life.or.jp




自立援助ホームの運営
義務教育終了後に、なお、手助けの必要な15歳から20歳までの青少年に対して、衣食住の提供と共に、生活指導及び就業支援を行い、社会的自立に向けてサポートします。
障がい者への支援事業
自立した日常生活を目標に、生活支援や就労活動の作業機会を通じて個性を尊重する交流を深め、社会参加の一歩となる、障がい者の安心の居場所づくりをサポートします
生活相談の支援窓口
生活困窮者等の多種多様な暮らしの相談を受け、協力機関と連携を図り、生活保護申請を始め課題解決に対応する、ワンストップサービス窓口として支援活動をしています。
フードバンク札幌の活動
充分に食べられ安全性があるのに廃棄される食品を、企業や家庭から寄贈を受け、必要とする生活困窮者や福祉施設、ホームレス支援団体等へ無償提供の活動をしています。
就労自立へのサポート
長期未就労の方々や生活困窮者を対象に、キャリアカウンセラー及び精神保健福祉士等が、継続的にカウンセリングを行い、就労意欲の喚起と生活の自立に向けて支援します。
あんしんの住居支援
障がい者、高齢者、子育て世帯等や生活保護の方のアパート・お部屋探しに際し、困り事の解決に向けて、適切なアドバイスと情報提供を行い、親身な入居支援を行います。
共同生活ハウスの運営
一人暮らしで不安な福祉生活者や高齢者の方に、安心で安全な住まいと快適な生活の場を提供し、入居者同士の親睦を深め、きめ細かなサービスで思いやりの支援をします。



委員会の活動アルバム

児童自立援助委員会

<< >>

障がい者支援委員会

<< >>

フードバンク札幌運営委員会

<< >>

就労者支援推進委員会

<< >>

あんしん住居支援委員会

<< >>

共同生活ハウス運営委員会

<< >>